読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃもり分室900強

気がついたときだけ何か。

2010ゲームマーケット出品:EKIDEN

今回のゲームマーケットで販売するゲームの中で最後のご紹介となりました「EKIDEN」について製作者から説明文が届きました!

このゲームは箱根駅伝をモチーフとしたゲームで
駅伝監督となって、選手のスカウトから駅伝大会での選手起用、采配を行います。

スカウトはTCGではオーソドックスな、ブースタードラフト方式で
人数分用意した選手カードの束から1枚取ってまわし、1枚取ってまわし、を繰り返し、10人の選手を集めます。

選手には、区間順位を有利にする走力、区間順位が上位の際に前に進めるアップ値、区間順位が下位の際に後ろに下がるダウン値、「上り○」「アンカー」といったスキル
といったステータスがあり、これらの情報を元に選手を集め、有効に使うことが勝利へのカギです。

選手のスカウトが終わったらいよいよ、駅伝大会の開催です。

区間は10区に分かれており、1区ごとに選手を1人ずつ選択していき、全員が1人ずつ選手を出したら走力勝負をします。
走力が高いほうが区間順位が上になり、前に進めるチャンスが多くなります。
走力が同じ場合、今の全体順位が低い方が区間順位が上になり勝ちやすくなっています。

10区が終わった時点で、全体順位が一番の人が勝ちです。

このゲーム、運の要素はスカウトステージで配られる選手カードのみで(これもドラフトで取っていくのですが)、それ以外に運の要素はほぼありません。
みな優秀な選手を取ろうとスカウトするわけですから、10区ある駅伝大会で各区で毎回勝てるほど甘くはありません。
如何に勝つときに大きく勝ち、負けるときに小さく負けるかといった監督手腕が問われます。

6区から8区ぐらいに終盤の手筋が見え始めヒリヒリ感が増すといった感想をいただいてます。

Hammer Works(大型ブース I)で予価2000円で販売します。

プロトタイプでのプレイの模様を、id:huusenさんにupして頂きました!

テストプレイを重ね、今回販売するバージョンはこちらになります!

これで今回製作した「フレンチグルトン」「サバンナトリック」(以上500円ゲームズ)、「源平闘札」「EKIDEN」OKAZU Brandでの4作のご紹介がやっと終わりましたね!
ゲームマーケットまであと4日というのにw

この4作については、私ryo_nyamoに言ってくださってもお取り置きが出来ますので、twitterでのDかこちらでのコメントでお申し付けください。
また遠方で当日ゲームマーケットに来れないという場合もご相談ください。